法律かつて日本ではB型肝炎の集団感染が起きてしまい問題となりました。これは行政の不手際によって、注射器が使い回されてしまったために起きてしまったのです。これによって多くの感染者が出てしまいました。今ではもちろん注射器の使い回しは行われていないのですが、集団感染してしまい今でもB型肝炎の症状に悩まされている方は多いのです。

また、B型肝炎というのは母子感染してしまうウイルスです。産道を赤ちゃんが通る際に感染してしまいます。これによって、子供にまでB型肝炎が移ってしまうケースもありました。B型肝炎になったとしても普通に生活することはできます。しかし、ずっと薬を飲む必要があり、症状が悪化してしまう可能性も0ではありません。そのため、不安な気持ちになっている方は多いでしょう。

このように本人の責任はまったくないにも関わらずB型肝炎に感染するというケースがたくさんあったため、その被害者達は国を相手にして集団で訴訟しました。その結果として和解が成立しました。国はB型肝炎に対する特別給付金を支給することを決めて、そのための法律も制定されたのです

こちらではこれから実際にB型肝炎の給付金を請求したい方のための情報を提供しましょう。請求をする際には弁護士に依頼をするべきです。その方が多くのメリットがあります。こちらでは弁護士への依頼について詳しく説明をしましょう。B型肝炎の給付金請求について知りたい方は参考にしてください。

Pocket