過去に日本では集団予防接種によって多くの方がB型肝炎に感染しています。このことを受けてB型肝炎に集団感染した方に対する給付金を支給するための法律を国は用意しました

感染国のせいでB型肝炎に感染した方達が国に対して集団訴訟をして、その結果基本合意書が締結されたのです。その結果として特別措置法が施行されて、裁判によって和解が成立した方に対して給付金を支給することが決定されたのです。この法律にしたがって、給付金を受け取れる条件を満たしている方が実際にお金を受け取れます。

集団予防接種を昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に受けたことのある方が対象となっています。あるいは母子感染をした方も対象です。病態によって50万円から3600万円の給付金が支払われます。こちらは相続人にであっても請求をする権利があります。

こちらの給付金は国を訴訟して裁判所によって認定を受けて和解が成立したらお金を受け取れるという流れとなっています。そのため、一般的な給付金のように手続きをしてすぐに受け取れるというものではないのです。実際に給付金を受け取れる要件を満たしているのにまだ受け取っていないという方はたくさんいます。そういう方は今すぐにでも訴訟の準備をしましょう。

Pocket